Home > スポンサー広告 >その他 >ファンをバカにするオーナー。

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-01 Tue 16:31

ファンをバカにするオーナー。

ども。manpie605です。

前回の補足をしようと思います。
中国新聞のサイトにオーナーが話した内容が書かれておりますので、全文UPします。
いつもは、サイトにリンクしていただくという形ですが、
今回は、あまりに腹の立つ内容であり、
確実にみなさんに知ってもらうため、ここにはっきりと示した方がよいかと思い、この形にさせていただきます。


カープQ&A 松田オーナーに聞く '11/3/1

--------------------------------------------------------------------------------


 Q.最後の優勝から20年。今年は勝てますか

 A.厳しい道だが、それをやり遂げたい

 広島は1991年以来、優勝から遠ざかる。待ったなしとも言える状況で、2年目を迎えた野村カープはいかにファンの期待に応えるのか。開幕まで1カ月を切り、松田元オーナーにシーズン展望と再建への道筋を聞いた。(五反田康彦、山本修)

 ―今年も沖縄、日南キャンプを視察されました。変化は感じましたか。

 野村監督がすごくリラックスして、ピリピリしたものがなかった。昨季は若者の気負いが出ていた。今は地に足が着いている。昨秋のキャンプは厳しく追い込んで練習した。その分、今春はけが人が出ないようにうまく調整している。秋の厳しさを春の成熟につなげるというサイクルだ。監督のプランでできるようになってきた。

 ■FA参戦せず

 ―フリーエージェント(FA)補強ができず、野手は新外国人以外、同じ顔ぶれで開幕を迎えます。

 FAにはもう積極的に参戦しない。昨年獲得を狙った内川(ソフトバンク)は野球観も一致し、性格的な面からも動いた。しかし、どうしてもマネーゲームとなってしまい、厳しい。よかったのは、FA補強へのチャレンジを首脳陣がすっきりと納得してくれたこと。フロントと現場がチームづくりで同じ方向を向くことができた。

 ―再びFA補強を避け、育成主体で戦力強化を図るのですか。

 今の時代には受け入れられないかもしれない。長い間、勝てていないからファンに不満がたまっているのも分かる。しかし、しっかりと選手を育てるという方針を支持してくれる部分もあるはずだ。やはりカープは愚直なまでに選手を育成し、チームをつくっていく。

 ―具体的には。

 なんぼでも銭を積んで、ただ打つだけの選手を(FAで)獲得するような「らしく」ないことはしない。だからこそ、負けに大きな憎しみがある半面、勝った時の強い愛情も生まれてくる。そういう面もカープの一つの魅力ではないか。

 ―初優勝は球団創設から26年目でした。今の低迷はその期間に近づいています。打開策はありますか。

 チームを強く引っ張ってくれる選手が不可欠だ。当時は山本浩二さんだった。例えば、雨の中で試合が始まると選手から不満の声がよく出た。そんな時、浩二さんは誰よりも先にグラウンドへ飛び出してくれた。

 今の野手では誰が主役になるか。栗原が務めてくれればいいが、岩本も存在感を増し、近づいてほしい。投手は大竹が復帰してくれば、前田健と二枚の主役が並ぶ。その周りを脇役が固めるという構図が理想だ。

 ■層厚い投手陣

 ―今年は勝てますか。

 投手陣の層は厚くなった。キャンプのブルペンで大勢の投手が並んでいた光景は壮観だった。シュルツや新外国人投手が安定しているのが大きい。永川も復調し、救援投手の層が厚くなると監督の采配の選択肢も増えていくはずだ。今年は試合展開を見て代打、代走といろいろなパターンでベンチは動ける。やれる。(おわり)


全文まとめると、こういうことですか。

一応優勝は目指すけど、
もうFAとかは金が無いからやらない。
育成しかしない。
また負けるけど、応援してね!

………

意味が分かりません。

ちょいちょい突っ込みたい個所も存在するので、指摘してみましょう。

>FAにはもう積極的に参戦しない。昨年獲得を狙った内川(ソフトバンク)は野球観も一致し、性格的な面からも動いた。しかし、どうしてもマネーゲームとなってしまい、厳しい。よかったのは、FA補強へのチャレンジを首脳陣がすっきりと納得してくれたこと。

野球観?あんたの野球観がどれほどのものか知らないが、内川と勝手に一致しないでくれるかな?
内川はこのチームで勝ちたいと思わせてくれるようなチームに入りたいって言ってたのに。
マネーゲームと言っているが、今後FA参戦しないんならもっとお金使ってもよかったのでは?

>今の時代には受け入れられないかもしれない。長い間、勝てていないからファンに不満がたまっているのも分かる。しかし、しっかりと選手を育てるという方針を支持してくれる部分もあるはずだ。やはりカープは愚直なまでに選手を育成し、チームをつくっていく。

要するに勝ってほしいというファンは無視ですか。ずっと育ててばっかりで全然勝ててないですからね。そういうことですか。
選手を育てる方針?どんだけ選手が育ってますか?そして、他チームと張り合えるようになってますか?育成する体制が本当に整ってますか?

>なんぼでも銭を積んで、ただ打つだけの選手を(FAで)獲得するような「らしく」ないことはしない。だからこそ、負けに大きな憎しみがある半面、勝った時の強い愛情も生まれてくる。そういう面もカープの一つの魅力ではないか。

だれも銭を積んで次々良い選手を獲得しろとは言ってない。
育成にも当然力を入れチーム状況や選手層を見ながらFAに参戦していけばいいはず。
その前に育成出来てないでしょう?

負けに大きな憎しみ?勝った時の強い愛情?
プロ野球は勝利が全てです。

まさか、負けることも魅力と考えているのか?

とんでもないバカです。
選手に対して失礼です。


>投手陣の層は厚くなった。キャンプのブルペンで大勢の投手が並んでいた光景は壮観だった。シュルツや新外国人投手が安定しているのが大きい。永川も復調し、救援投手の層が厚くなると監督の采配の選択肢も増えていくはずだ。今年は試合展開を見て代打、代走といろいろなパターンでベンチは動ける。やれる。

層厚い投手陣…とか書いてる時点でハア!?って感じですが…。
他の投手陣に本当に見劣りしないですか?
キャンプのブルペンは大勢の投手が並んでいて当たり前!!!

一番腹が立った部分。
>今の野手では誰が主役になるか。栗原が務めてくれればいいが、岩本も存在感を増し、近づいてほしい。投手は大竹が復帰してくれば、前田健と二枚の主役が並ぶ。その周りを脇役が固めるという構図が理想だ。

脇役???
誰のこと?
選手に対して脇役とは???
選手は全員主役になりたくて練習しているはずです。一生懸命練習してるんです。
選手に対して失礼です。

そういう発想で一流選手が生まれるわけないです。それで優勝するって言われても信用できません。



中国新聞で今回まで続いたカープQ&Aですが、締めくくりにこの男が出てきてこんな内容です。
カープQ&A全体を一言で表現させてもらうと、「長期間にわたって垂れ流した完全なる言い訳」です。

こんなの見せられて、ファンは絶対に納得しません。
ファンがもう一度立ち上がる必要があるのではないでしょうか。

最後に、僕なりに出した結論を述べて終わりたいと思います。

オーナーは、本当のファンなら負けても許してくれるといまだに思っている。
あるいは、ファンが怒っているのは承知で、ファンを無視する腹積もりである。
完全にカープファンを舐め切っている。




長文失礼しました。
最後まで見て頂き、ありがとうございます。
このままでは、カープの未来が危ないと思う方、
クリックお願いします!!!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Theme:広島カープ

Genre:スポーツ

Comment

初めまして。
この度はコメントいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。


育成と言えばファンが赦してくれるといつまでも思ってるのでしょうね。
その育成すら他球団と大差ない事にもうファンは気付いているのに。
チャンスは他球団の何倍もあって育つ数が変わらないという事は
球団に育成する能力が著しく欠けているという事ですね。

最下位容認発言と言い口を開けばファンを逆撫でしてばかり。
本当に追放しなくてはいけません。

こちらこそ、宜しくお願い致します。

>育成と言えばファンが赦してくれるといつまでも思ってるのでしょうね。
その育成すら他球団と大差ない事にもうファンは気付いているのに。

もしかしたら本人も気づいているかもしれませんね。
最下位容認発言や、負けることも魅力と話したところから、
本気で育成するつもりが無いかもしれません。

>チャンスは他球団の何倍もあって育つ数が変わらないという事は
球団に育成する能力が著しく欠けているという事ですね。

コーチの数がそんなに多くないですし、
しかもカープOBでしか構成されていませんからね。
育成する能力が無いですね。

>最下位容認発言と言い口を開けばファンを逆撫でしてばかり。
本当に追放しなくてはいけません。

最近顔を見るのも嫌です(笑)
カープを守るためにも、経営から身を引いていただきたいですね。

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://manpie605.blog137.fc2.com/tb.php/50-c8195b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

05 «
2017.06
» 07


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。